演奏会、イベント情報

戻る
寺内大輔の演奏会、イベント情報のメール配信を希望される方は、dterauchiアっトまーくnifty.comに、メールをお送りください。タイトルには「演奏会情報配信希望」、本文にお名前をお書きください。不定期で演奏会ご案内メールをお送りさせていただきます。



● Serious Play Improv Lab (SPIL 035)
  (in Kuala Lumpur Experimental Film, Video & Music Festival)
日時 2017年7月22日(土)20:30開演
会場 RAW Art Space, No. 8, 4th floor, Jalan Panggong, 50000 Kuala Lumpur(マレーシア)
入場料 suggested donation RM20

マレーシアの即興演奏コンサート,Serious Play Improv Lab (SPIL 035) です。
SPIL is a project of the Kuala Lumpur Experimental Film, Video & Music Festival (KLEX) launched in May 2014. It aims to create exposure and understanding, and to facilitate local, regional and international collaborations and exchanges for experimental and improvised music in Malaysia.


出演
Tamaho MIYAKE (Theremin, Japan)
Daisuke TERAUCHI (recorder/vocals/objects, Japan)
KOK Siew-Wai (vocals)
YONG Yandsen (tenor sax)
Sudarshan Chandra KUMAR (vocals/electronics)

お問い合せ:
info@klexfilmfest.com
http://www.klexfilmfest.com/spil/
https://www.facebook.com/groups/klexfest/




出演者プロフィール:
Tamaho MIYAKE is a composer and improviser from Japan. She gave a lecture about her work at Daegu Contemporary Music Festival in Korea, and her piece "Two or More for Clarinet and Violoncello" was performed at the concert in 2004. Her piece "Uncountable for string Quartet" was selected and performed at the concert of Yogyakarta Contemporary Music Festival 2005 in Indonesia. Her piece "b.for 2 violins and percussions" was awarded the special prize by I. C. O. M. S. competition in Italy. She improvises with the Piano, the Theremin etc. with various fields of performers.

Daisuke TERAUCHI was born in 1974 in Hiroshima, is a composer, improviser and sound artist. He studied composition at the Elisabeth University of Music in Hiroshima and received his master’s degree in 1999. His compositions and improvised works have been widely performed, for example in Hiroshima, Tokyo, Kyoto, Amsterdam, Rotterdam, Vienna, Barcelona, Seoul, Daegu, and Yogyakarta. Currently he is Associate Professor in the graduate department at Hiroshima University and manages the Creative Music Festival. He received his Ph. D. in design in 2016.
http://dterauchi.com/

Sudarshan Chandra KUMAR has performed for the CHOPPA Music Fest (Singapore), Playfreely (Singapore), Switch On (Malaysia) and KLEX Festival (Malaysia). He participates in Serious Play Improv Lab (SPIL) regularly, a monthly experimental music series in Kuala Lumpur. Sudarshan has contributed vocals and live electronics to the following bands: HKPT, Takdir, Sorry and Think!Tadpole!Think!. Working with music for theatre, he is the music facilitator for Main Wayang (2015-2016), a children’s theatre workshop which emphasizes on the basics for orchestrating D.I.Y multimedia performances and has directed and scored music for his musical “The Propitiation of Fundamentals” (2015).

KOK Siew-Wai is a vocal improviser, artist-organiser and video artist. She hasperformed in festivals such as Kuala Lumpur Contemporary Music Festival, SoundBridge Contemporary Music Festival, Asian Meeting Festival (Japan), Choppa Experimental Music Festival (Singapore), Playfreely Festival (Singapore), RRRec Fest (Indonesia), E-Poetry Festival (USA) and more. Her video text + vocal improvisation performance piece “Language of Self” is collected by He Xiangning Art Museum in Shenzhen, China.

YONG Yandsen is an improvised saxophonist. He has played at the Kuala Lumpur Contemporary Music Festival, Asian Meeting Festival (Japan), Mosaic Festival Singapore, Choppa Eclectic Improvised Music Festival (Singapore), Turn Around Free Jazz & Improvisation Festival (Singapore), Music Matters Festival (Sri Lanka) amongst others. Yandsen, together with Darren Moore and Brian O’Reily, form an improvised trio called Game of Patience. They have toured to Japan, Singapore, Sri Lanka and Thailand. They released debut CD album “Trial and Error”and a vinyl album "The Bad Sleeps Well".



● ソロパフォーマンスと即興セッション
 「ブエノスアイレスから来た人」
日時 2017年3月21日(火)18:30開演
会場 Cafe'BLEU(呉市広古新開2-7-8)
入場料 2000円(1ドリンク付)

ブエノスアイレスの音楽家 ギド・コーン(Guido Kohn)Cafe'BLEUに登場!ソロパフォーマンスと,即興セッションを行います。

出演
Guido Kohn(チェロ)
吉ア 優葵(ダンス)
川北 博文(コントラバス)
寺内 大輔(リコーダー,声,他)
三宅 珠穂(ピアノ,テルミン)

お問い合せ:
tamahoあっとマーくhi-ho.ne.jp(三宅)








● 第36回全日本少年少女合唱祭全国大会広島大会
日時: 2017年3月19日(日)午前の部10時30分〜,午後の部13時30分〜
    2017年3月20日(月・祝)10時30分〜
場所: 広島国際会議場フェニックスホール
入場無料(プログラム500円)

本イベントでは,全国から30の少年少女合唱団が集い,それぞれの活動を披露します。

なお,本イベントでは,松永天馬(作詞)と寺内大輔(作曲)による新作児童合唱曲《命の手紙》が初演される予定となっております。本イベントのエンディング曲として歌われる予定です。

なお,作詞の松永天馬さんは,テクノポップバンド「アーバンギャルド」のメンバーとして国内外で活動を展開しているほか,作家として『自撮者たち』などを刊行。また,NHKの人気番組「Let's 天才てれびくん」や,満島ひかり主演のテレビドラマ「D坂の殺人事件」の準主役を務めるなど,役者としてもご活躍をされています。

関連リンク:
「アーバンギャルド松永天馬+寺内大輔による新曲、全日本少年少女合唱祭全国大会の合唱曲に決定。松永天馬からコメントも」
http://uroros.net/eventnews/20897/


お問い合わせ:寺西卓 082-228-5389
※本イベントは,芸術文化振興基金助成事業です。





● 即興表現ワークショップ「フリープレイ」
日時: 2016年11月14日(月) 12時50分―14時20分
場所: 広島大学教育学部G205教室
講師: スティーヴン・ナハマノヴィッチ(Stephen Nachmanovitch)
通訳: 若尾裕
参加費無料(要予約,参加希望者多数の場合は先着順とさせて頂きます。お早にご予約ください)
ご予約・お問い合わせ:terauchiアッとまークhiroshima-u.ac.jp(寺内大輔)

本ワークショップでは,参加者同士がお互いに関わりあう即興表現を体験するワークを行います。楽器・動き・身振り・言葉・沈黙を使ったコミュニケーション,パターン・メイキングを扱います。教員を目指している方はもちろん,そうでない方にとっても有益なワークショップになることは間違いありません。
経験のない方から,経験豊富な方まで,どなたでも楽しめる内容です。なお,なじみのある楽器がある方は,ぜひご持参ください。
講師のナハマノヴィッチ氏は,即興性をテーマとする思想家・音楽家です。彼の著書 『Free Play』 は,ドイツ語,スペイン語,スウェーデン語,ポルトガル語,韓国語,イタリア語,ギリシャ語,日本語など,様々な言語に翻訳されて出版されています。

企画:寺内大輔
後援:日本音楽即興学会
※本ワークショップは,JSPS科研費15K04501の助成を受けて開催しています。






直線上に配置
直線上に配置

ヨーロッパでの寺内の活動は、こちらです。